ハシカケ(Hashikake)について

ハシカケ(Hashikake)は実現したいことや解決したいことから逆算してプログラミングを学ぶサイトです。

解説はまにゃが行っていきます。

まにゃpy

まにゃpy@Python解説の猫(@uuyr112)さん | Twitter
まにゃpy@Python解説の猫 (@uuyr112)さんの最新ツイート。プログラミング言語である「Python専門の猫bot」です! 某某国立大学数学科卒。チュートリアル好き、Python解説好き。マーケティング、データ分析好き。「日本初、Python好きの猫」

ハシカケの語源は「あなたが実現したい未来」と「あなたが今いる位置」との架け橋という意味です。

このサイトは次の2種類の人のために作っているサイトです。

  1. プログラミングを勉強する時間はないけど、便利なプログラムがあるなら手軽に使ってみたい人
  2. プログラミングをチュートリアルを通して勉強していきたい人

扱う言語についてはPythonなど比較的新しく簡単で業務に利用できるものを中心にしていきます。

なぜ逆算して学ぶの?

プログラミングを1から学んだ時によく起こることが、

何のために使うのか分からず面白さを感じられないで挫折する。

これ、以外と多いんですね。

でもプログラムを学ぶ上で一番大事なことが

結局これを学んで何ができるのか?

ということですよね。

そういえば過去にプログラミングちょっと勉強したなーという経験がある人は多いと思います。

でも、覚えたことを使う機会がないと時間が経つとともに忘れてしまい、ゼロからスタートに。

そんなことがないように、ハシカケでは

使える、作れるプログラミング」でプログラミングを楽しんで学ぶ人を一人でも多く増やす。

そういう気持ちで記事を更新していきたいなと思っています。

何のために学ぶ?から出発するプログラミング

そもそも何のためにプログラミングを学ぶのか?という意識が弱いと、勉強していても途中でやる気を見失ってしまいます。

それよりも、作りたいプログラムありきで勉強するほうが学習のためのモチベーションも上がりますし、習得できるスピードも速くなります。

何よりも実現したいことから逆算してプログラムを勉強していくほうがプログラム自体を楽しく学ぶきっかけになります。

現役のプログラマーが書いたプログラムから学べる

ハシカケのプログラムのコードを作っているのは現役のプログラマーさん達です。

また、本文ではプログラマーさん達が詳しい解説を書いてくれています。

つまり、現役のプロから使えるプログラムを学ぶことができます。

また、このサイトを見ている人の中には、がっつりとプログラムの勉強をしたいと思っている人だけではなく、ただ便利なプログラムが使えればいいだけという人もいると思います

そういう場合でも、仕事にすぐに使えそうな便利なプログラムに絞って解説を書いていっているので、すぐにそのまま仕事に使うことが可能です。

業務の効率化ができる。

プログラムを使えば、今まで人力でやってた時間、コストを一気に削減できます。

例えば、記事の装飾に1記事3分かかっていたものをプログラムにやらせることで、10記事分だと30分の時間短縮になります。

また、画像の文字入れなど、1画像に5分かかっていたなら、10画像で50分の短縮ができます。

しかも、1回プログラムが使えるようになれば、それ以降はずっとその作業工数とコストをかける必要がなくなるんです。

更に進んでそのプログラムを自分でカスタマイズできるようになれば、より業務の改善につながります。

大手の会社ほど人がやらなくてもいいことをどんどん自動化してコストと時間の削減をしてより創造的な時間に使っています。

できるだけ、自動化できることは人じゃなくてプログラムにやらせましょう。

そして、残った時間を人にしかできないもっと創造的なことに使うほうが効率がいいです。

「なぜ?」を理解しながら読んでいくことをおすすめします。

人は意味のないことは覚えにくいという仕組みがあります。

ですので、はじめのうちは1行1行「なぜここでこういう記述をするのか?」を理解しながら読み進めていかれることをおすすめします。

そうすることによってより、記憶に残りやすくなりますし、「なぜ」を理解することで非常に達成感が出るので、効率的にプログラムを勉強できるようになります。

考えても分からないことはとりあえず飛ばしてどんどん学習を進める

とは言え、考えても考えても理解できないことはとりあえず飛ばして次を読み進んでいくという思考も必要です。

なぜなら、全体像を把握した後で理解できることもあるからです。

このようにして、ちゃんと考えながら読み進めていくうちに、いつの間にか「こういう時は確かこんな風に記述してたっけ」と思いだせることが増えてきます。

そうなってくれば、覚えたも同然。後は分からないことは調べながら自分でもプログラムを作っていけばいいんです。

プログラムを丸暗記はする必要はありません。

必要な時は調べればいいと考えるぐらいの気持ちで学習を進めていくのが習得までの近道となります。

Hashikakeの運営はこの人→https://twitter.com/sunshine3645

解説はこの人→https://twitter.com/uuyr112

タイトルとURLをコピーしました